雨漏り修理をしないとシミとカビが発生する住宅になる!

雨漏りのシミとカビは同時に発生する

シミの発生

屋根や外壁から雨漏りすると、天井や外壁にシミができることがあります。天井や壁にはクロス張りしてある住宅が多いため、雨水によるシミができてしまうと接着力が低下するので、クロスが剥がれたり、浮いてきたりすることもあります。雨漏り修理をして、雨水の浸入を防がないと、シミはどんどん大きくなりますし、何度クロスを張り替えても無駄でしょう。

カビの発生

シミと同時に発生する可能性が高いのが、カビです。カビは高温多湿の場所を好んで、木材やホコリを餌にして増殖します。天井や壁のクロスの裏側などに発生することが多いので、なかなか発見することができないのが現状です。雨漏りをしている住宅の場合、クロスを剥がしたらカビだらけになっていることもあります。カビが発生すると、人体に悪影響を与えますし、住宅の建築資材も劣化させます。

カビが気になる人のQ&A

カビに悩んでいる人は多く、様々な対策グッズが販売されています。ここではお悩みに応じた対策グッズの紹介をします。

カビの臭いが気になります
匂いが気になる人は防カビ消臭剤がおススメです。部屋に置いておくだけ良いので、誰でも簡単に臭いが除去できます。カビの発生しやすい環境になることを防いでくれるので、カビ臭い部屋になることを防ぐことができます。部屋だけでなく、浴室や玄関などいろんな場所におけることもメリットです。沢山の種類が販売されていて、アロマ効果のある商品が専業主婦には人気です。
事前にカビ対策を行ないたいのですが
防カビスプレーはカビ対策に効果的なアイテムです。壁だけでなく、天井のクロスやカーペット、下駄箱などカビが発生しやすい場所に使用します。カビが発生してない場所に、事前にスプレーしておくだけで、カビを抑制できます。さらに防カビ消臭剤と一緒に使用することで、効果は抜群です。

2つのアイテムは、カビ防止に効果がありますが、すでに発生しているカビを除去することはできません。そのため、雨漏りしている住宅は、雨漏り修理業者に防水工事をしてもらった後に使用しましょう。

TOPボタン